遺品整理を横浜でお探しなら是非ご相談ください。

遺品整理ジックル
無料お見積り

横浜の遺品整理

横浜市で遺品整理業者をお探しの方は、一般廃棄物処理業の許可を有する「遺品整理ZICL」をご利用ください。真心こめたサービスで、お客様の悩みやお困り事に誠心誠意対応させていただきます。
日本では少子高齢化と核家族化が進み、近年遺品整理の需要が一気に高まり、それに伴い遺品整理業者も急激に増加しています。
遺品整理を行うには特別な許可は必要ありませんが、一般家庭から不用品などの廃棄物を運び出し処分するためには一般廃棄処理業の許可が必要となります。

横浜の遺品整理

残念ながら遺品整理を行う業者の中には、最初に格安の見積金額を提示してきて、作業が終了した後でさまざまな理由をつけて高額な追加料金を請求するような悪徳業者も複数存在しています。悪徳業者の特徴として、一般廃棄処理業の許可を取得していないことが挙げられます。
弊社では他にも遺品整理士・特定遺品整理士の資格を持つスタッフが在籍しているため、はじめての方でも安心して遺品整理を任せられるようになっていて、全てのスタッフがお客様第一で、「頼んで良かった」と言われるようなサービスを常に心掛けています。
弊社では遺品の買取にも対応しており、常にお客様の立場になって状況に応じたサービスを提供しております。
相談にも見積りにも無料で対応しておりますので、まずはお気軽にお問合せください!

01専門業者に依頼するメリットとは

遺品整理とは、故人が遺した所有物を形見分けしたり廃棄したりすることなので、わざわざ専門業者に依頼する必要はないわけですが、専門業者に任せることによりさまざまなメリットが得られるようになっています。
メリットの1つには、時間を節約できて、体力的な負担も軽減できることが挙げられます。
家族が亡くなると気持ちの面で落ち込むだけでなく、すぐに葬儀の準備をしなければいけなくなり、特に仕事をしている場合は時間の余裕がなくなります。
葬儀の後も四十九日の法要や一周忌など遺族が集まるイベントなどがあり、その中で遺品整理もするとなると体力的な負担も大きくなってしまいます。その点、遺品の整理だけでも業者に任せることができれば、時間の節約にもつながり、体力的な負担も軽減できることになります。

専門業者に依頼するメリットとは

また、専門業者に依頼すれば、遺品に関すること以外にも、相続など普段はあまり考えないような分野についてのアドバイスをもらうこともできます。
最近話題のデジタル遺品の処分方法や、相続手続きや空き家対策などについての問題も容易に解決できます。
故人が遺した品物を、しっかり供養してもらえるのも、専門業者に依頼する大きなメリットです。

02 遺品整理を初めて行う場合の注意点とは

遺品整理を初めて行う場合の注意点とは

遺品整理という作業は、生涯のうちに体験する機会がほぼないことから、実際に自分で行うとなると何をどうして良いか戸惑う方がほとんどです。
作業をスムーズに行い、手間や時間をかけたくないなら、専門業者に依頼すれば問題を一気に解決できます。
しかし、お金をかけるのがもったいない、人手がいるからわざわざ業者に依頼する必要もないという方も少なくないと思います。自分たちで遺品整理を初めて行う場合は、以下の点に注意して計画的に作業を完了させましょう。
まず、遺品を仕分けして処分するには、その量にもよりますが、通常はかなりの時間を要し、そのためにかなりの体力を使うことになります。遺品の中には日用品や家具や家電なども混ざっているため、ゴミとして捨てるにも一苦労です。ゴミの日に捨てられるとしても、一度も何十袋も捨てることができないなどの問題も発生します。
遺品を処分するだけでも、ある程度の日数が必要になります。また、作業する人手が多い場合は、想い出話に花が咲いて、作業がなかなか進まないなどということも良くあることです。形見分けに時間がかかって、1日が無駄になるようなこともあります。その意味でも専門業者を利用する価値は十分にあると思います。

03 遺品を処分するときに多い3つのお悩み

1.処分の仕方が分からない
遺品という性質上、どうやって処分すれば良いかそもそも分からないという方が多いようです。
プロでもない限り、はじめて遺品を処分するときに、正解を知っている人は普通いません。また、種類が多い不用品の廃棄を、そもそもどのようにして良いか分からないというのは当たり前のことなので、そのような場合は専門業者に相談することをおすすめします。

2.リサイクルに出して良いか分からない
遺品はリサイクルショップに出して良いの?という疑問を持つ方も少なくありません。遺品でも買取してもらうことは可能なので、まだ使用できるものや価値あるものは買取に出してお金に替えてもらいましょう。
遺品整理業者の中にも買取に対応してもらえるところもあるので、そうすれば手間も時間も省くことができます。

3.自分で対応するのが難しい
遺品を処分するときには、故人の家がゴミ屋敷状態になっていたり、孤独死したので素人では手をつけられなかったりなどのケースも増えています。
少子高齢化が進み、核家族が当たり前になってきている世の中では、このような問題はこの先も多く起きることが予想できます。自分で対処するのが難しい場合は、専門業者の力を借りましょう。

04 遺品にはどんな種類がある?

遺品とは、一般的には死者が残した品物のことで、故人が持っていた所有物の全てを指します。
遺品と遺産の違いが分からないという方もたくさんいると思いますが、遺産も遺品の1種であり、遺産は現金や預貯金や不動産などの相続の対象になるものです。
遺品は相続の対象になる相続財産を含むと、主に4つの項目に分類されます。相続財産の中には貴重品もあって、市場価値が30万円のものは譲渡による課税の対象となるため、相続財産として取り扱われます。
ちなみに、相続に関わらず一般的な贈与のときも30万円を超える貴重品を譲渡する場合は課税の対象になります。
これに対して1個または1組の価値が市場価格で30万円以下であれば、想い出の品に分類され、形見分けをして課税されないようになっています。
思い出の品として扱われる品には、貴重品や洋服以外にも、故人の日記や写真や手紙なども含まれます。
故人が生活するために使用していた生活用品や家具や家電も遺品の1種です。まだ使用できるものなら形見分けの対象になりますが、ほとんどはリサイクルに出されたり廃棄処分されたりします。
IT化に伴い、故人が生前使用していたパソコンやスマホなどは、デジタル遺品として扱われています。

05 横浜市に対応エリアを限定して営業しています

即日対応を可能にし、少しでも遺品整理を行う方の負担を軽減するために、対応エリアを横浜市内に絞って営業しております。
このように対応エリアを限定していますが、それ以外のお客様からの依頼も受付しており、対応可能な場合は、追加料金が発生することもなければ、見積り費用も出張費用がかかることもありません。
弊社では、横浜市都筑区に拠点を構えて遺品整理を行っています、住みたい街として人気の横浜市の中でも、特に暮らしやすいと評判になっているのが都筑区です。
その証拠に、日本の人口が減少傾向にある中でも、都筑区の人口はどんどん増え続けています。特に若いファミリー層に人気が高くなっていて、それは子育てがしやすい環境が街中に揃っているからです。
都筑区がある港北ニュータウンは、「人間と自然」をテーマにしたつくられた街で、そこにも多くの公園があり、緑地が整備されていて、交通環境や買い物環境がしっかり揃っていて、高い利便性と街並みの美しさが評判となっています。
緑道や遊歩道などの歩行者と自動車専用道路もしっかり整備されていて、自動車と交わることなく住宅エリアまで移動できるため、小さなお子様がいても安心してお散歩ができるようになっています。
フラットアプローチやエレベーターも多いことから、老後も安心して暮らせる配慮が至る所に整備されています。

06 遺品整理を業者に依頼する場合の費用の目安

遺品整理を業者に任せる場合は、どこに依頼するかによって費用も大きく変わってきます。一般的な費用の目安としては、一人暮らしのワンルームの場合は3〜8万円、1LDKの場合は7〜20万円、2LDKの場合は12〜30万円、3LDKの場合は17〜50万円、4LDK以上の場合は22〜60万円と、いずれの場合も料金にかなりの幅があります。その理由は、部屋の大きさよりも処分品の量によって料金が決まるからです。
一般的ではありませんが、たとえば4LDK以上の大豪邸でも、作業をする部屋が1つしかなくて、遺品の量が少ししかなければ、ワンルームの料金が適用になります。

遺品整理を業者に依頼する場合の費用の目安

また、建物環境や周辺環境によっても作業にかかる手間や時間が変わるので、料金も大きく変わってきます。たとえば、エレベーターがないマンションや、作業場所と作業に使用するトラックを置く駐車場の距離が遠い場合は、必然的に料金が高くなります。
遺品整理業者の中には、買取に対応しているところもあるため、そのような業者を選んで依頼すれば、料金を大幅に下げることも可能です。遺品の中にリサイクルできたり高価なものがたくさんあったりする場合は、ほとんど費用がかからないというケースもあります。

07 遺品を上手に仕分けする際の3つのポイント

01遺品をグループ分けする

無計画に遺品を仕分けしていっても、無駄に時間が過ぎていくだけなので、遺品をはじめからグループ分けすることをおすすめします。
大まかには家族や親族で形見分けする可能性があるものをひとまとめにします。使用できる家財と廃棄するものに分ければ、作業がスムーズに進みやすくなります。
価値のあるものはリサイクルショップなどで買取してもらえるので、その点にも注意して仕分けを行いましょう。

02処分に悩むものは後回しにする

遺品の処分に時間がかかる大きな理由には、処分して良いかどうかの判断に悩むことが挙げられます。悩んだら後回しにすることをはじめから決めておけば、作業をスムーズに進めることができます。
悩むものは一旦場所を決めてそこに保管しておき、全ての作業が完了した後でゆっくり処分するようにしましょう。

03貴重品を探しなら作業を進める

遺品の中には、家族が気づいていない貴重品が混ざっていることが多いです。気づかないうちに現金や預金通帳や株の証券を廃棄していることもあるのが現実です。
そのようなことにならないように、引き出しや棚の中を空けながら、慎重に作業を進めていきましょう。遺品整理業者に依頼すれば、貴重品の探索もしてもらえるので安心です。

08 遺品整理業者のサービスの違いとは

依頼する業者によって、サービスの内容に違いがあります。
基本的には遺品を仕分けして運び出し、処分するのが遺品整理業者の仕事ですが、実はそれ以外にも業務内容は幅広くあります。
例えば、ほとんど場合は作業後に家の中を掃除してくれますが、簡易清掃だけに対応している業者もあれば、本格的なハウスクリーニングに対応している業者もいます。簡易清掃まではサービス料金に含まれていますが、本格的な清掃を依頼すれば追加料金が発生する場合がほとんどです。
その他にも、最近増えている孤独死が起きた場合に必要になる特殊清掃に対応している業者にいれば、対応できない業者もあります。
遺品の中にはお金に替えられるものもあって、それを買取してもらえる業者もいれば、買取には対応していない業者もあります。
さらに、会社によっては庭木の伐採や、空き家になった物件の売買や解体にも対応しているところもあるので、自分たちに必要なサービスを提供している業者に依頼することをおすすめします。
サービスの内容以外にも、作業スピードや丁寧さなどにも業者によっては違いがあります。中には適当な仕事をして高額な費用を請求してくるような悪徳業者もいるので、そのような業者だけは絶対に利用しないように気をつけましょう。

09 利用者から多く寄せられる相談事例

利用者から多く寄せられる相談事例

遺品整理業者が最近急激に増えていることもあって、依頼する業者によってサービスの質が大きく異なり、トラブルが発生するケースが増えています。利用者から消費者センターなどに多く寄せられる相談事例には、料金トラブルや勝手に遺品を処分されたというものがあります。料金トラブルで多いのは、最初に見積りしてもらった金額よりも高い請求書を渡されたというものです。
見積りのときには追加料金や別途料金がかかることの説明を受けずに、作業後に適当な理由をつけられて何倍もの金額を請求されたというような事例も少なくありません。
このようなトラブルを避けるためには、必ず見積金額以上の費用がかからないことを、作業をはじめる前に確約してもらうようにしましょう。
遺品整理に慣れない業者に依頼したせいで、大切な遺品を勝手に処分されたという報告も多数寄せられています。お焚き上げをしてもらう約束だった遺品を、そのままゴミとして処分されたという事例もあります。
悪質な業者になると、金目の遺品を盗まれたという窃盗被害を受けている方もいます。遺品を不法投棄されて自分たちに罪に問われそうになったというケースも少なくないので、くれぐれも悪徳業者だけには騙されないように気をつけましょう。

10 お客様から良くある3つの質問

質問 電話でおおよその料金は分かるの?
回答 遺品整理を業者に任せる場合に、最も気になるのが料金のことだと思います。現場を見せないで電話で大体の金額を算出してもらうことは可能ですが、あくまでも目安であることを理解しなくてはいけません。
電話や写真だけで見積金額が確定することはなく、見積金額よりも実際の請求額が何倍にもなることは良くあることです。そのため、料金が気になる場合は事前に必ず現場をしっかり確認してもらいましょう。
質問 事前にどこまで準備をしておけば良いの?
回答 専門業者に依頼するなら、全ての作業を任せることも可能ですが、そうすれば必然的に業者が行う作業が増えて、料金はどうしても高くなります。
また、事前に残すものを決めておかないと、後悔する可能性が高くなるので、一通り遺品を確認してから作業をしてもらうことをおすすめします。
質問 現場に立ち会わなくても良いの?
回答 遠方にお住まいなどの場合で、現場に立ち会うことができないという方も少なくありません。その場合は、事情をきちんと話して、事前に合鍵を渡すことより、作業をしてもらうことも可能となっています。
ただし、現場がゴミ屋敷状態になっていたり、窓が割れていたりしている場合で修理が必要になる場合などは、費用が高くなってしまうこともあるので、その点には注意が必要です。

11 業者を選ぶときに気をつけるべきこととは

POINT 遺品整理業者を依頼する場合に気をつけるべきことは、悪徳業者でないことと、自分たちが求めているサービスを提供しているかどうかです。
残念ながらこの業界には悪徳業者が存在していて、多くの人たちがその被害に逢っています。高額な料金を請求されたという人も数えきれないほどいて、中には遺品を不法投棄されて自分たちも罪に問われたという重大な被害を受けている人もいます。
悪徳業者かどうかの見分けは素人には難しいですが、「遺品整理士」の資格を持ったスタッフがいることを確認したり、「優良企業」の認定を受けていたりすることで、悪徳業者である可能性を大幅に下げることができます。
悪徳業者の特徴としては、自社のWebサイトを持っていない、所在がはっきりしていないなどがあるので、その点にも注意して依頼先を決めましょう。
一口で遺品整理業者と言っても、それぞれが提供しているサービスも異なるので、自分たちが何を望んでいるかによって依頼先を決定しましょう。
特殊清掃や原状回復工事や遺品の買取やハウスクリーニングサービスなど、業者によって対応していないサービスもあるので、事前にサービスの品質も併せて確認してください。

12 覚えておきたい業界用語とは

家族が亡くなり遺品を整理するときに専門業者に依頼すると、これまで聞いたことがない業界用語を耳にすることがあります。
難しい業界用語を素人が認識する必要はありませんが、「遺品供養」や「お焚き上げ」という言葉は覚えておいた方が良いと思います。
遺品供養というのは、その字の通りに故人が生前所有していた遺品を供養するというその言葉通りの意味ですが、一般的に供養が必要な品物としては、衣類、人形、眼鏡、本、寝具など、故人の思い入れが強いものだとされています。また、故人が生前に死んだ後も残しておいて欲しいと希望していた品物については、処分をしないで遺族が使用してあげることを推奨します。
お焚き上げというのは、遺品供養が必要なものを寺院などで燃やして故人の冥福を祈る儀式のことです。遺品供養やお焚き上げは、日本の古くから伝わる習慣で、日本ではモノや自然に魂が宿るという信仰があるのです。お焚き上げの儀式を行うことは、故人だけでなくこの世に残された遺族にとっても大事なことで、遺族も悲しみから抜け出すという意味合いもあります。
お焚き上げの儀式を行いたい場合は、遺品整理業者に相談しましょう。

FAQ一覧

PageTop

無料お見積り